美味しいお茶の淹れ方・見分け方

お茶の淹れ方

  1. お湯は必ず沸騰させ適温まで冷ます。(軟水が理想)
    淹れるお茶に適した温度にする。(右図参照)
  2. 一人分2g~3gを目安。
    一人分だけ淹れる場合は、多めの5gとすると二煎目まで楽しめる。
  3. お湯を注いで待つ。(急須のふたをして1分から1分半)
  4. (二人前以上)廻し注ぎで均一になるように注ぐ。
  5. 最後の一滴まで注ぎ切る。(ゴールデンドロップ)
茶葉 温度 湯量 抽出時間
玉露 5g 50℃ 20ml 2~3分
煎茶 3g 70~80℃ 90ml 1分
深むし茶 3g 70~80℃ 90ml 1分
玄米茶 3g 熱湯 90ml 1分
ほうじ茶 3g 熱湯 130ml 30秒

品質のよいお茶は、二煎目~三煎目も美味しく味わうことができます。

お茶の見分け方

煎茶

細くよれた針のような形状のものを選択。
形の崩れた葉や茎が少なく、色はつやのある濃緑色が理想。
重量感のあるものを選択する。

深蒸し煎茶

色に深みがあり、やや黃味を帯びている。
ずしっと重いものが良いが、粉が多いものは避けたい。

茎茶

原料によって品質は様々だが、やや平たい茎を選択したほうが、上質な商品が多い。

玉露

濃緑色で細くて光沢があり、しっとり感があるもの、形の崩れが少なく、大きさが揃っており、重量感のあるものを選択する。

抹茶

茶臼で挽いたものは繊細できめが細かいので良質とされている。
鮮やかな緑色のものを選択する。

ほうじ茶

極端に黒いなど焙煎の強すぎないもの、粉っぽい部分が少ないものを選択する。